おとこ同士

01.28.2014@

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

(0) cmts.  (0) tbks.  -

11.18.2012@22:13

猫の神様、まだもうちょっと



猫の神様 猫の神様
(2007/03)
東良 美季

商品詳細を見る


猫の神様 (講談社文庫) 猫の神様 (講談社文庫)
(2012/11/15)
東良 美季

商品詳細を見る


1人の男性が綴った2匹の愛猫の闘病日誌。

タニの診療が終わるのを待っている間、本屋さんの新刊文庫本コーナーで目に止まり、吸い寄せられるように手に取りました。

事細かに丁寧にあくまでも淡々と刻まれた闘病記録がとても悲しい。

だけど同時にとても強くてあたたかかったです。

死を想う事はその子を愛する事、読みながら頭の中でこの言葉が何度も浮かんできました。

同時に今の私に言い聞かせるような強烈な言葉でした。




猫の神様から預かった命はいつか必ず猫の神様にお返ししなければならない。

他者の命をいつまでも自分の手の内に隠している事は出来ない。




だから最期の時はちゃんと死を受け止めてあげよう。

必ずいい聞かせることがある。
それはみャ太は決して僕のために生きているわけではない、ということだ。
猫は世界の摂理と共に生きている。
生きるのが辛くなれば静かに死んでいくだろう。
ぎじゅ太もそうだった。
僕は彼らを勝手に拾い、勝手に育て、勝手に一緒に生きてきただけだ。
大切なのは判断を誤らないこと。
自分がやるべき行為だけを考えよう。
それはみャ太を出来るだけ楽に生きられるようにしてやることであり、もし彼が死に向かっているとしたら出来るだけ苦しまずに死なせてやることだ。


ぎじゅ太の死を受けた後に、生きよう生きようとする命が尽き果てる時、人は無力だという事を知り、現実を直視している著者だからこそ出てくる文章だと思いました。

目をそらさずどこまでも真っすぐに猫達の命を見つめ続ける、それは1人の男性の愛猫に対する強い愛でした。

著書である東良美季さんのブログを通じて知り合ったという、この本の中にも名前が出ていた花房観音さん。
花房観音さんがこの本を読みブログに綴った感想を見てまたずしりときました。
ゆっくりとしたサヨナラ

家の母もそうでした。
祖母と一緒に先代犬を介護し先代犬を失った分、亡くなった後はこれからは絶対生き物は飼わないと頑なに決めていました。
でも10年の時を経てそれを打ち破ったのが家の父でした。
それなりに後ろめたさがあったのか母にも私にも一切何も言わず、ニヤニヤ笑いながらチュウを抱えて居間に入ってきた日の事を今でも忘れません…
祖母が病気に倒れ家族3人になった分父は寂しかったんだと思います。
各言う私も、トラちゃんを失った喪失感からなずきを求めました。
この子を助けたい、そんなキザな心はちょっとはあったかもしれません。
でも本当は何よりもこの子に寄りかかりたかったし、どうしてこんなに寂しい目をしているのかをわかりたかった。
寧ろあの時助けてもらいたかったのは私の方でした。
1人では得られないものを恋人や友人である他者で得て、他者では得られないものを犬や猫である生き物で得る。
けれど人と人とでは生まれないぬくもりや大切な気持ちを私に教えてくれるのはチュウやひじきやタニやなずきしかいません。
だからこそ人と変わらない大きな存在であるこの子達を本当の目でみてあげなくてはいけないなぁと改めて思いました。


猫と暮らし、彼らを愛した人間にとって、その死は深く愛したぶんだけ恐ろしいほどに辛く悲しい。
でも、彼らは僕たちの胸に傷を残すことは決してしない。
あのふわふわと柔らかくて温かく、愛おしい記憶だけを残してくれる。



私はきっとこれからも犬や猫に寄っかかりながら暮らしていくと思います。

大切な者を失った人、犬や猫と暮らしている人に是非一度は読んでもらいたいなぁと思う本でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(9) cmts.  (0) tbks.  記録帳

11.04.2012@21:48

酔酔いの酔い

 
クンカクンカクンカ



ズリリィズリリィ



またたびに酔いしれる猫

近頃しっぽりと腰を据えたタニにまたたび粉をすり込ませたキッカーを与えてみました。

ご無沙汰でしたと言わんばかりに見事この有様でございます。

ヨダレがもう凄いのなんの!




タニこよタニこ、キッカーにすりつけた両頬がヨダレに濡れてライオンみたいになってるよ。

酔いしれた後、満足したのか一仕事終えたような表情で床に戻っていきました。

その後タニのヨダレでびしょびしょになったキッカーを、



スンスン

ひじきが恐る恐るご堪能。



うわぁ…

あまりよろしくなかったようです。

その後ひじきが堪能したびしょびしょのキッカーを、



クンカクンカクンカクンカクンカクンカクンカ

フレーメンしては嗅いでフレーメンしては嗅いでと、なずきがしっかりご堪能。

なんだか憧れの先輩からもらったハンカチを嗅ぎながら想いを馳せてる後輩みたい…



・・・・・・・・・・・・・・・・。

その様子をひじきがこのような体勢+目玉が落っこちそうな眼差しで凝視してました。

これはきっとよからぬものを見てしまった眼差しですな。




毎度の事ながら冴えわたる顔芸…




おかしい子達だねぇ。

君達は本当に見ていて飽きないねぇ。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
(5) cmts.  (0) tbks.  日常

11.04.2012@21:45

黄金色のアイツ



            


秋に飲むキンキンのビールはやたら美味しい…

(0) cmts.  (0) tbks.  ゆーな散歩

10.30.2012@22:20

なずきの過程
JUGEMテーマ:犬猫多頭飼い・日々あれこれ











リボンのおもちゃがどぅあい好き。








後ろのガムテで補強された扉の犯人は…

元気があって大変よろしいω`)…







震災で色んなものを失ったなずきは自分を取り戻すのになかなか苦労したと思います。

それでも現在はひじきと走り回ったり、タニと寄り添ったり、私の手にすり寄ったりと、ようやく彼女らしさを垣間見れるようになりました。

嫌な時は嫌って言うし、甘えたい時は甘えたい分だけ自分から甘えに来るし、なずきは自分に正直な子。

私にでもなく誰にでもなく自分に正直だと思う。

2012年10月30日 今日でなずきが我が家に来て1年。

この出会いを導いてくれた『プチポンもりおか』さんに改めて感謝申し上げます。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(14) cmts.  (0) tbks.  今日のなずきちゃん

10.25.2012@23:34

春愁秋思
JUGEMテーマ:にゃんこ









タニこやぁ、なんかグッと歳とったなぁ。

タニと過ごす3回目の秋。

穏やかな秋。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(12) cmts.  (0) tbks.  記録帳

10.24.2012@23:39

秋晴れの犬と猫 その2
 


あたたかい陽気に誘われて白い坊やも、




黒い坊やも、




三毛のあの娘も小股全開…

猫はとても保守的な生き物だとばかり思い込んでいました。

が、へそ天は犬猫共通文化だったのであーる。




そんな諸先輩方を日々目の当たりにしている奥手ななずき。

近くに大胆な輩がいると奥手ななずきもちょっとだけ大胆になります。




あたたかな陽気にものっかって気持ち良さそうな顔…




かわいいなぁぁぁあぁあぁ ただただかわいいぃ。




うむ、今日もいい顔をしてる。






猫のお腹をモフモフと

季節外れのイパネマの娘。

そういえばエマニエル夫人亡くなっちゃったなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(7) cmts.  (0) tbks.  日常

10.24.2012@23:36

秋晴れの犬と猫

日中、お天気が良い日の午後。



お外のわんこがとても気持ち良さそうに寝ていました。


くあぁ



藤のように棚につるむようにして小さな白い花を咲かせている、この花はなんて言うんでしょう…

寝ているわんこの上にハラハラ花びらが落ちていて、初めて見たけどとてもきれいでした。




お父さんと路地を散歩をしていたキジトラの女の子さえちゃん

ホントはお父さんの「ゴロンゴロン」の掛け声と共に、道路の真ん中で気持ち良さそうにさえちゃんがコロコロ転がっていたのですが私が近づいた途端にソッコーで逃げて行きました。



気を使ってお父さんが、さえちゃんお写真よー

と言いながら奥手なさえちゃんを私の前に抱っこして近づけてくれるのですが…


私知らない人は嫌よー

とすぐお父さんの方に戻っていきます。



「家にも奥手なキジトラの女の子がいます」
と言うとお父さんは、
「ワイルドな顔なんだけどねぇ」
って言いながらちょっと恥ずかしそうに微笑んでました。

ここだけの話、さえちゃんってなずきに劣らずなかなかのワイルド顔ですよね、、

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(2) cmts.  (0) tbks.  ゆーな散歩

09.29.2012@23:10

天を仰ぐ
JUGEMテーマ:にゃんこ



なんとも挑発的ななずきちゃん…

お腹モフモフしてごらんなさいよと誘っているのでしょうか…



クフフ

いけねぇなぁいけねぇよ、お嬢ちゃん…



くねっ

実にけしからん子だ…




ひとしきりくてんくてんに回った後になずきは数十秒間天を仰ぐ。




何か余韻に浸っているのでしょうか。

この時のチラッと見えた歯と三角口が大好きです。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(6) cmts.  (0) tbks.  今日のなずきちゃん

09.29.2012@23:08

悪夢芝居から脱出



世のお父さん方のオアシス。

飲み屋街の真ん中に、




突如現れる井戸。




そのお向かいには「りゅう」という名の女性の店が。

五所川原の女性はどこかアクが強い…

ピチピチの若い子でもかなり濃い津軽弁で会話してます。

こっちの言葉でいう、 なんでもガガガどしゃべる。

でもそんな気取らない人懐っこさがとても好きです。











asobi

ZAZEN BOYS4 ZAZEN BOYS4
(2008/09/17)
ZAZEN BOYS

商品詳細を見る

すとーりーず すとーりーず
(2012/09/05)
ZAZEN BOYS

商品詳細を見る

昨日はクォーターでZAZENでした。(決して座禅をしに行った訳ではありません)
ロックインジャパンの時と比べものにならないくらいなんか向井さん近っ
狭い箱でしか味わえないKYORIKAN。
そしてなんという音のIATSUKAN。
初めっから終始鳥肌がTOMARANAI。。
出てくる単語がポテトサラダに本能寺にアブラゼミに天狗にハリネズミにヤマアラシにパンティにオバケにもうなんのこっちゃこれ。
うねるメロディにのった向井さんの愉快な日本語がやみつきであります。
ベース音が好きな方は是非…
この妄想や幻想の中にいつまでも浸っていたい、キワキワな音に綺麗さっぱり酔えました。
会場に着く前にアルコールを注入しておいたのでそりゃもう余計に…
今でこそ中毒ですが、数年前の私には受容出来なかった音楽だと思います。
色んな音にガツガツとっついていくのもいい、絶対いい。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
(1) cmts.  (0) tbks.  今日の音楽

09.26.2012@22:55

共鳴
JUGEMテーマ:わんこ

※音量注意(人と犬が吠えます)





















共鳴

私がチュウの鳴き真似をするとそれにつられてチュウも鳴く。

あくまでもワン!ではなくオフ!なのがポイント。

大大大好きな動画、 『柴犬と戯れる外国のおじさん』 に憧れて…

(7) cmts.  (0) tbks.  記録帳
 1/14 >>

01
02
03
04

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
05
プチポンもりおか


本日のにゃんこ2

ちゅん、後のなずき

こちらで出会いました。
06
07
福島被災保護動物リスト集
00